mobile site

携帯でスケジュールを
private-party-title

貸切のご案内

private-party-title2

hall

private-party-txt



貸切空き状況

  キャンセルや日程の移動などで、空き状況が変化します。
 現在(2017/03/28)の空き状況(空いている日)をお知らせいたします。
 昼(9:00〜16:00完全撤収)、夜(16:00〜23:00完全撤収)です。

2017年

四月
4/1(土)夜、4/2(日)夜、4/9(日)夜
4/16(日)夜、4/30(日)夜
 

五月
5/3(水祝)夜、5/4(木祝)昼夜、5/5(金祝)昼夜
5/6(土)昼夜、5/13(土)夜、5/14(日)夜
5/27(土)夜、5/28(日)夜
 

六月
6/3(土)夜、6/18(日)夜
 

七月
7/9(日)夜、7/16(日)夜、7/17(月祝)昼夜
7/22(土)昼、 7/30(日)夜
 

八月
8/5(土)昼夜、8/6(日)昼夜、8/12(土)昼夜
8/13(日)昼夜、8/19(土)昼夜、8/20(日)夜
8/26(土)夜、8/27(日)夜
 

九月
9/2(土)夜、9/3(日)夜、9/9(土)夜、
9/10(日)夜、9/16(土)昼夜、9/17(日)昼夜
9/18(月祝)昼夜、9.30(土)夜
 

十月
10/1(日)夜、10/9(月祝)夜、10/21(土)夜
10/22(日)夜
 

十一月
空き無し
 

十ニ月
空き無し
 

 
以上が空いています。   




2014/4月以降の消費税増税分の値上げについて

2001年3月開店より13年間、貸切料金は値上げをせずに営業してきましたが、
消費税の8%に増税ということで、消費税分のみやむなく値上げとなりました。
何卒ご了承をお願いいたします。


ホール・レンタル料金
(9:00〜16:00) : ¥100,000.-
(16:00〜23:00) : ¥150,000.-
全日(16:00をまたぐ) : ¥200,000.-

P.A料金一式
楽器音響照明機材使用料、P.Aスタッフ人件費
(9:00〜16:00) : ¥20,000.-
(16:00〜23:00) : ¥20,000.-
全日(16:00をまたぐ) : ¥30,000.-

合計貸切料金
(9:00〜16:00) : ¥100,000+¥20,000.+¥9,600(消費税8%)=¥129,600.-
(16:00〜23:00) : ¥150,000+¥20,000.+¥13,600(消費税8%)=¥183,600.-
全日(16:00をまたぐ) : ¥200,000+¥30,000.+¥18,400(消費税8%)=¥248,400.-

土日祝日も平日も料金に変わりはありません。

上記貸切料金は、当日全額現金でお支払いください。

貸切料金詳細説明はここをクリック


ご飲食について
ご飲食の詳細説明はここをクリック


キャパシティ/座席について
キャパシティの詳細説明はここをクリック


楽器、音響照明機材ついて
楽器音響照明機材一覧は下記からダウンロードできます。
すべてP.A料金一式内で使用できます。
機材一覧 .PDFデータ (Adobe Acrobat 4.0)


お願いとご注意
詳細説明/必ず読んでください。


チラシ、チケット制作の方に
最新の地図を使用してください。
地図とロゴの.EPSデータ (Illustrator 8.0J)


貸切のご予約お問合せは
phone : 03-5563-2563
phone受付 : 営業日の14:00〜23:00
休日はスケジュールで確認して下さい。

e-mail : jazz_bflat@yahoo.co.jp











貸切料金の詳細説明

通常、店がブッキングして夜に出演するミュージシャンは、
  16:00より入店してリハを行う事が多いので、
  店の貸切も16:00 を境に、昼の部と夜の部とに分けています。

昼の部貸切(9:00〜16:00完全撤収)、 夜の部貸切(16:00〜23:00完全撤収) です。

昼の部貸切は、ホール代=100,000円
音響照明機材、楽器(グランドピアノ、ドラムス、アンプ等)使用料とP.A技術者人件費
(セッテングから終了まで音響照明録音録画の面倒をみます)が一括して=20,000円。
*DVD録音録画およびMD録音も上記料金に含まれます。ご希望の方は、メディア(DVD-R)
のみお持込み下さい。
合計120,000円と8%消費税9,600=129,600円です。

夜の部貸切は、ホール代=150,000円
上記P.A料が同じく20,000円
*DVD録音録画およびMD録音も上記料金に含まれます。ご希望の方は、メディア(DVD-R)
のみお持込み下さい。
合計170,000円と8%消費税13,600=183,600円です。

*16:00にまたがってご使用の場合は、他の方の貸切の昼の部も夜の部も
お断りしますので、全日貸切となります。
全日貸切は、ホール代=200,000円
P.A料は長丁場ですので=30,000円となります。
*DVD録音録画およびMD録音も上記料金に含まれます。ご希望の方は、メディア(DVD-R)
のみお持込み下さい。
合計230,000円と8%消費税18,400円=248,400円です。

主催者(借り主)様側が当店にお支払いになる貸切料金は以上のみです。
土日も平日も条件に変わりはありません。
貸切料金は、当日全額現金でお支払いください。
音楽を演奏する団体にお貸しします。
 いわゆる箱貸し(スペースのみ)は承りません。つまり必ずP.A料が必要です。
演奏する音楽のジャンルは特に問いません。
 ただしジャズ向きの音響設備ですから、極度の音量音圧を要求する音楽は
 お断りしています。アンプやスピーカーの機材を損傷するからです。

●キャンセルについて
 ご予約日の変更やキャンセルは極力お早めに、遅くともご予約当日の
 3ヶ月前までにご連絡ください。
 多くのグループが、ご予約の同日をご希望になり、埋まっていることで
 お断りしていることをご考慮願います。
 3ヶ月以内のキャンセルの場合、いかなる理由(大地震、大雪、戦争等)でも、
 当店が営業可能な状況である場合は、キャンセル代を請求させて頂きます。
 昼の部:50,000円、夜の部:70,000円、全日:100,000円です。
 以上、なにとぞよろしくお願いいたします。

↑項目へ戻る






ご飲食の詳細説明


お客様のご飲食について
 まず当店は貸しホールや貸しスタジオではなく、ジャズライブの店(飲食店)を
 お貸しするとお考え下さい。

通常は、ホールやキッチンのスタッフが(貸切であろうと)待機しており、
お客様からオーダーを取ります。お客様はお帰りの際、レジでご自分の
ご飲食代を支払って帰られます。これが全オーダー方式です。
主催者様はご飲食代には関与せず、貸切料のみですみます。

通常オーダーのメニュー     Drink Menu      Food Menu


1ドリンク付」チケットについて
 主催者様がチケットや入場料に「1ドリンク付」とした場合。
 お客様はチケット代に1ドリンク含まれておりますから、ドリンクカウンターで、
 カウンターのメニューから1杯お好きな飲み物を受け取れます。

「1ドリンク付」あるいは「飲み放題」のメニュー

1 drink menu

▲click to get the large image.

     「1ドリンク付」あるいは「飲み放題」のメニューの
.PDFデータ(Adobe Acrobat 4.0)はここからダウンロード




受付の方に入場者へ1ドリンクと交換する札(チップ)を渡していただき、当日の
1ドリンク利用者の人数が判りますので、人数X¥650を、 貸切料とは別途に
主催者様から頂きます。
アルコール類の料金は本来¥760で、ノンアルコールより110円高いのですが、
何を何杯というカウントは双方不明瞭ですし、一律ノンアルコール料金¥650で
計算いたします。これが1ドリンク付方式です。

なお、お客様の2杯目以降及びFOODのご注文は、テーブルで通常のメニューより
オーダーして頂き、お帰りの際、お客様各自の伝票をレジで精算という事になります。


飲み放題」について
 お客様入場者から主催者様が会費等を取り、「飲み放題」にした場合、
 1ドリンク式と同様に、チップで利用者をカウントし(一杯目はチップで、
 その後は空いたグラスと交換で)上記飲み物(1ドリンク付参照)を3時間
 飲み放題にいたします。
 飲み放題の場合は、主催者様から人数X¥2,000を別途に頂戴いたします。


お食事/FOOD」について
 通常は、お客様がテーブルのメニューからオーダーし、お帰りの際にレジで
 各自精算されます。

ビュッフェスタイル」について
 ビュッフェスタイルをされる場合は、少なくとも一週間前に予定人数を
 お知らせ下さい。食材の準備の為です。

従来の経験上、来店者予定の8掛けくらいの人数X@¥2,000で料理を当日
お出しします。
飲み放題は、当日実際に飲み放題をなさった方の数X@¥2,000を頂きますが、
ビュッフェ料理は、事前にご注文された人数X@¥2,000を、当日の人数の多少
に関わらず、主催者様から頂きます。料理は作ってしまうからです。

ケータリング」について
 ケータリングで外部からFOODを持込む場合は、ご連絡下さい。
 キッチンを営業しません。持込料¥10,000.(当店の収入がなくなるので)
 のみ頂きます。
 持込まれた残飯、食器、発生したゴミ等は完全にお持ち帰り願います。
 食器類の貸与もご遠慮下さい(洗い物の労力だけが発生しますので)。


土日祝日の貸切に限りまして、最低限ドリンクは 当店のドリンクのご利用
をお願いします。
つまり、飲食ともに持ち込みでホール代、P.A代、持込み代のみのご利用は
お受けできません。ただし、平日の貸切の場合はそのような条件も可能です。


厳重注意

コンサート・ホールや貸スタジオ、あるいは公共施設の会場と異なり、
ジャズ・クラブやライブ・ハウスは、元来、お酒や食事を楽しみながら
ジャズなどの生演奏を楽しむ場所です。

最近の若い人が、「1ドリンク」や「+1drink」という表現を使うのは、
誤解が非常に多く、絶対にやめてください。
1ドリンクだけは『義務』で「注文して下さい」という意味だとは判りますが、
「1ドリンク制」では1ドリンクしか注文できないようにも取られますし、
一番問題になるのは「1ドリンク」と混同して、「1杯は無料のはず」と
レジで納得せずに抗議するお客様が多々出現するのです。
チケットやフライヤーには、「1ドリンク」や「+1drink」という 表記は
しないでください。
飲食を供応する店に着席したら、何かをオーダーするのは当然の事ですから。

↑項目へ戻る






キャパシティ/座席の詳細説明

着席できる椅子は150席ですが、地下室ですので構造上、二本の太い柱があり、
 完全にステージが良く見えて着席できる席は120数席ほどです。
 柱にステージの一部が遮られる条件の悪い席も勘定すると150席です。
 二本の柱には32インチの液晶パネルを設置し、ステージの全体やソロ奏者を
 写し出しますので、少しは悪い席の方のストレスは軽減されるかと思います。

ホール客席図面

客席図

▲click to get the large image.

客席図面の.PDFデータ(Adobe Acrobat 4.0)はここからダウンロード

図面説明
 55番は通常(余裕のある日)はAB2席。込み合う日は椅子を詰めてABC3席作ります。
 柱にステージが遮られる席は5番(通常スタッフの方が座ります)、7番のABCDE、
 18番のABCEF、22番のCDEF。ビッグ・バンドの場合、1番はピアノの蔭で
 全体が遮られます。34番のACEGはビッグ・バンドの場合、ピアノ奏者が見えない。
 また、通常は5番、32番、33番は出演者およびスタッフ席として使用しています。
 満席の場合は客席として解放しています。

↑項目へ戻る








当店よりのお願いとご注意

当日、楽器および楽器ケースをテーブルの上に置かないで下さい。

当日開店後、出演者およびスタッフの持込みのご飲食は、ホール客席では
 ご遠慮願います。(楽屋内、出演者席、ステージ上でのご飲食等は構いません)

ステージ・セッティング表(各楽器奏者の並び位置、およびドラムセット、
 ギターアンプ、ベースアンプ の三点に関し、持ち込むのか当店のを使用するのか
 を必ずお書き添え)を当日の前々日までに 必ずFAX(email添付ではなく)でお送り
 願います。

当日のスタッフ準備の為、タイム・スケジュール(特にお客様が入店する 開店時間)
 とお客様のご飲食形態(全オーダーなのか1 drink付なのか等)と集客人数の予想とを、
 できるだけお早め(遅くとも10日前まで)にお知らせ下さい。

スタンド花の送付、設置は、ご遠慮願っています。
 出演者個人が持ち帰れる花束や花籠、楽屋花等の送付はお受けしています。

出演者およびスタッフの持ち込まれた飲食物の残骸、ペットボトルやお弁当等の
 空箱、持ち込まれた段ボール箱等のゴミは、完全にお持ち帰り下さい。

↑項目へ戻る





楽器、音響照明機材ついて
楽器音響照明機材一覧は下記からダウンロードできます。
すべてP.A料金一式内で使用できます。
機材一覧 .PDFデータ (Adobe Acrobat 4.0)





チラシ、チケット制作の方に
最新の地図を使用してください。
地図とロゴの.EPSデータ (Illustrator 8.0J)





ページ先頭へ
jazz live spot B-flat